fc2ブログ

つれづれ。

20+2歳女の色々。

本試 H19春 午前 問19。

色々似たようなものがあって困るんだよ。

特に語句の意味を問う問題。



 メモリインタリーブを説明したものはどれか。

 ア 主記憶と外部記憶に一元的にアドレス付けを行い、事実上無制限のメモリ空間を提供する方式である。
 イ 主記憶と時期ディスク装置のアクセス速度の差を補うために、補助的な記憶装置を双方の間に置く方式である。
 ウ 主記憶と入出力装置との間でCPUとは独立にデータ転送を行うことを可能とした方式である。
 エ 主記憶を複数の領域にわけ、連続したメモリ領域へのアクセスを高速化する方式である。




 解説は続きで。 メモリインタリーブとは、とりあえず、e-Wordsで調べてみた。



 メモリのデータ転送を高速化する技術の一つ。
 複数のメモリバンクに同時並行で読み書きを行なうことにより高速化を行なう手法。



[e-Words -メモリインタリーブ-]
http://e-words.jp/w/E383A1E383A2E383AAE382A4E383B3E382BFE383BCE383AAE383BCE38396.html

この引用範囲には書いてないんだけど、主記憶の高速化技術のこと。
主記憶の高速化技術って言ってるのが、1つしかないわけで、エが正解。

アは仮想記憶方式。
イはディスクキャッシュ。
ウはDMA。

それぞれはここにリンクを置いておく。

[仮想記憶方式]
http://ip.afinax.com/exercise_virtualmemory.html
つまり、記憶量を増やす技術。

[ディスクキャッシュ方式]
うーん、ソースのいいのがみつからない気がする。←探すの下手なだけかと。
Google大先生がんばってくださいよーって元彼なら言いそうだよね。
とりあえず、ディスクキャッシュ方式も、高速化技術。
アクセス速度の速い装置と遅い装置の差を生めるために間に置くものをディスクキャッシュと言い、
それを使って、2つの装置間の速度の差を補う方式が、ディスクキャッシュ方式。

[DMA方式]
http://www.shunzei.com/lecture/words/DMA.html
つまり、CPUを介さずに入出力装置と主記憶装置間でのデータのやりとりを行うもの。
CPUを介した回線とは別に、主記憶と入出力装置の間に専用の回線が存在する。らしい。




総じていえるのは、ハードウェア系問題苦手。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://832honey.blog119.fc2.com/tb.php/493-fa139b0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

832

Author:832
832のつれづれブログ。
色々なことを見て、思ったことをそのまま書く、オレサマブログ。
URLにリンクは張らない主義でやってます。

1日に何度も書いてる。
暇なときほど多く更新してる。
質より量でよろしく。
見る人によっては、不快感を催す恐れあり。

ぜひとも、誰かバトンくれ(・w・)

↓ワーネバ画像用
ワールド・ネバーランド ~オルルド王国物語~ ©althi Inc. ©1997 藤原カムイ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2 ブログランキング
人気ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

色々貼り付け


 

Designed by Miya@loconet 

Copyright © つれづれ。 All Rights Reserved.